Company Image

いつまでも若々しくいられるための、美容のコツやポイントをまとめました。すぐに使える知識がたくさん。

多汗症とにおい

多汗症は通常人が汗をかくような場面で、異常な分量の汗をかいてしまうという症状のことをいいます。多汗症であっても普通の汗が出る分にはそれほど困ることもなかったりしますが、本人にとって悩みの種となるのはその汗が元で臭いなどを出してしまうことになるからです。多汗症は、ほとんどの場合肥満や過剰なダイエットなどで体内の循環環境が乱れたときや、体温調節をする自律神経がおかしくなってしまうことで起こります。
ところで、汗には良い汗と悪い汗があるのと知っているでしょうか。良い汗とは通常皮膚の表面に出る汗のことで、内容はほとんどが水分です。日常生活の中で定期的に汗をかいていたり、生活のリズムが整って循環機能が正常に働いている人の汗はさらさらしていて、乾いても臭いやべとつきが残りにくくなります。これは、汗の成分がただの水であるためです。
対して、体内の循環機能が衰えてきたり、汗による体温の調節機能が乱れている人の汗は、乾いた時にべとつきや臭いをよく残します。そのような汗はいわゆる悪い汗で、たくさん汗をかくわりにはあまり体温を下げる役割を果たしてくれません。内容は水分の他にミネラルや鉄分といった体内に残しておきたい成分までが含まれてしまっています。不純物が多い水には雑菌の繁殖をしやすいので、これがいやな臭いのもとにもなってしまいます。
多汗症での悩みをなくすためには、生活のリズムを整えるとともに、汗の成分を良くしてゆくことも大切なのです。